お客さんの料金不払いで4万ドルの負債を抱えるピンチ

0

    Gandhi(ガンディー)@南米エクアドルのコーヒー農園です。

     

    今週、事件が起きました。

     

    11月にある業者に販売したコーヒー豆の代金が未だに支払われていない事が判明。代金を貰えていない農家の皆さんが組合に押し寄せる事態に。

     

     

    その額約4万ドル。日本円で約400万円。

     

    平均月収500ドル(5万円)のエクアドルでは非常に大金。

     

    同僚に話を聞くと、購入の時点から何かと理由をつけて支払いを滞納していたらしい。

    これは業者が始めから支払う気が無かったとしか考えられない。つまり、詐欺。

     

    業者が一番悪い事は間違いなのだが、こちら側にも問題がある。

     

    一つは、大口案件なのにきちんとした購買契約を結んでいなかった事。

     

    そして、この商談そのものを僕が知らなかった事。

     

    知っていれば、事前に危険回避できていたかもしれないだけに、悔しい。

     

    エクアドルでは、仕事は専門ごとの縦割り。

     

    Gandhiは「販売・マーケティングのプロ」と認識されており、こういう管理事についての相談は恐ろしいくらい来ない。

     

    こっちでいう販売マーケティングとは、プロモーションの事。もっと早い段階で、日本とエクアドルの職責の考え方の違いをちゃんとアピールしておくべきだった。

     

    日本なら、顧客の信用管理も営業職の大事な仕事。

     

    むしろ、日系メーカーの海外営業職は販売リスク管理が業務の主体。プロモーションなんかより、よっぽど経験があるし、できる気がする。

     

    コミュニケーション不足と自分の力不足によって起きたこの事件、非常に悔しい。

     

     

    心が優しいマナビの人々。気を遣って甘い契約を結ぶきらいがある。(ちなみに、当該詐欺業者は山間部インバブラ県の会社)

     

    人としては好感が持てるけど、ビジネスでは命とりになる。

     

    今後はもう少し入り込めるように、より突っ込んだコミュニケーションを心がけたい。

     



    スポンサードリンク

    記事を投稿日から探す

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    最近更新した記事

    記事をキーワードから探す

    記事をカテゴリから探す

    archives

    recent comment

    • 同僚からのGandhiは何もやってない宣告が辛い
      Gandhi
    • 同僚からのGandhiは何もやってない宣告が辛い
      Show
    • 飛び込み営業が楽しいエクアドル
      Gandhi
    • 飛び込み営業が楽しいエクアドル
      直哉
    • 謎の職業「インヘニエーロ」とは何か
      Gandhi
    • 謎の職業「インヘニエーロ」とは何か
      田上
    • 2017年後半活動まとめ 《エクアドル x 青年海外協力隊 x コーヒー》
      Gandhi
    • 2017年後半活動まとめ 《エクアドル x 青年海外協力隊 x コーヒー》
      さかな
    • 2017年後半活動まとめ 《エクアドル x 青年海外協力隊 x コーヒー》
      Gandhi
    • 2017年後半活動まとめ 《エクアドル x 青年海外協力隊 x コーヒー》
      さかな

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM