皆さんがエクアドルに来たら楽しい思いができる事を証明できた一週間 前編

0

    ご無沙汰しております。Gandhi(ガンディー)@南米エクアドルのコーヒー農園です。

     

    先週は建国記念日休みを利用して、日本から友達が遊びに来てくれました。

     

    丁度エクアドルの「カルナバル」という行事と重なったこともあり、かなり濃密な一週間になりました。

     

    エクアドル旅行に来て頂いたら楽しんで頂けることが分かったので、皆さんにも共有したいと思います。

     

    かなり濃い内容になったので、前後編に分けました。

    まずは、3日目までのキトとグアヤキル観光について紹介します。

     

    1. 旅程

     

    前編 1日目 午前 キト着 午後 旧市街観光

    前編 2日目 赤道記念牌 及び本物の赤道を探す

    前編 3日目 グアヤキルへ移動、グアヤキル観光

    後編 4日目 ノボアへ移動、カルナバルの洗礼を受ける

    後編 5日目 ノボアでコーヒー農園見学、モンテクリスティ、マンタ観光

    後編 6日目 キトへ移動

    後編 7日目 帰国

     

    2. メンバー

     

    U氏

    Gandhiの大学時代の友達の会社の同期の仲良い同期。Gandhiの会社員時代、近所に住んでいた。

    旅の目的は、「トランキーロ、あっせんなよ」を広めること。

     

    H氏

    Gandhiの大学時代の友達の会社の同期の研究室の同期。Gandhiの会社員時代、近所に住んでいた。

    旅の目的は、世界中何処にいても仕事ができることを証明すること。

     

    3. ツアーの様子

     

    1日目:キト旧市街観光

     

    以前、前職の方々が来た時に利用したものと同じバスツアーを利用。

    このツアーバスの乗り方については過去ブログ 日本から元同僚がやってきました を参照ください。

     

    パネシージョの丘周辺は夕方以降治安が悪化するため、

     

    カロリーナ公園から乗車→パネシージョの丘→旧市街(昼ごはん)→バシリカ教会

     

    という順番で観光。

     

    ツアーバス.JPG

    パネシージョの丘から見た景色とツアーバス

     

    パネシージョの丘から.JPG

    パネシージョの丘にて記念撮影

     

    花ちゃんパネシージョ.JPG

    H氏とマリア像

     

    エクアドル昼食.JPG

    お昼は旧市街で典型的なエクアドルランチ。

     

    サンフランシスコ教会.JPG

    サンフランシスコ教会。中は撮影禁止のため写真無し。

    金色の内装で見ごたえあり。入場無料。

     

    旧市街セグウェイ.JPG

    旧市街では警察がセグウェイでパトロール

     

     

    キトカルナバル.JPG

    カルナバル(水かけ祭り)真っ只中だったため、旧市街ではチラホラ泡まみれの人が歩いていました。

     

    独立広場.JPG

    独立公園

     

    バシリカ教会外観.JPG

    バシリカ教会。大きすぎて写真に収まらない。

     

    バシリカ教会からの眺め.JPG

    バシリカ教会から見たパネシージョの丘

     

    上ちゃんとバシリカ教会.JPG

    パネシージョの丘を眺めるU氏

     

    バスツアーはここまで。

    12時にカロリーナ公園を出発し、17時にはカロリーナ公園に戻ってきました。

     

    夜は、色んなブログでオススメされていた中華料理屋へ。

     

    キト中華.JPG

     

     

    キト中華2.JPG

     

    餃子が美味しいと評判だったので、餃子を注文。

    牛肉、豚肉、ベジタリアンの三種類がありました。

     

    個人的には、豚肉>牛肉>ベジタリアンでした。

     

    また、中国の水餃子とは少し異なり、若干焼きが入れられていました。

     

    キト中華3.JPG

    黙々と貪る日本人旅行者たち。

     

    キト中華4.JPG

    美味しくいただきました。

     

    福建から来た女性が姉妹で経営しているみたいで、味付けは福建風のあっさり。日本人には食べやすかったです。麻婆豆腐もありますが、これまたあっさりでした。

     

    しかし、中華料理屋にあるまじき、お酢は日本と同じ透明のものでした。

     

    2日目:キト赤道記念碑観光

     

    2日目はキト観光の定番、赤道記念碑(西語:Mitad del Mundo)に行きました。

    入場料は5ドル。絶妙な値段設定。

     

    ミタデルムンド.JPG

    黄色い線が赤道。赤道を挟んでチューチュートレイン。

     

    存分に写真撮影を楽しんだところで記念碑の内部へ。

     

    ミタデルムンド2.JPG

     

    記念碑の中は科学館になっていました。上の写真は「北半球と南半球でコリオリ力の向きが逆になるため、シンクにできる水の渦の回転方向が逆になる」という実験。

     

    と思いきや、

     

    ミタデルムンド3.JPG

     

    ミタデルムンド4.JPG

     

     

    水の出てくるノズルの向きがそもそも逆になっていました。

     

    これなら、東京でもできる・・・

     

     

     

     

    再び外に出て、エクアドル名物「インスタモニュメント」で記念撮影。

     

    ミタデルムンド5.JPG

     

     

    しかし、ここで問題が発生する。

     

     

    iPhoneには、GPSを使って緯度と経度を表示できるアプリがあるのですが、赤道上で表示してみると、おかしなことが。。。

     

     

    ミタデルムンド6.JPG

     

    ミタデルムンド6_1.jpg

     

     

    南緯0.08度。

     

    赤道じゃない。

     

    地球一周が約4万kmだから、南緯0.08度は赤道から40,000km X 0.08 / 360 = 8.89km 離れている事になる。

     

    iPhoneのGPSの誤差かと思い、Maps.meアプリで赤道記念碑の場所の緯度を調べてみる。

     

    南緯0.00219度

     

    それでも、赤道からは2キロほど離れている計算になる。。

     

     

     

    と、実はここまでの話(赤道記念碑が赤道上に立っていない)は結構有名で、結構な人が知っている。

     

    僕たちも事前に知っていたので、赤道記念碑は早々に切り上げ、本当の赤道とやらに行ってみました。

     

     

    ミタデルムンド8.JPG

    ここが、本当の赤道の入り口。

     

    本当の赤道は、Museo Intinanという原住民の生活を展示した博物館の中にある。

     

    入場料は4ドルだが、運が良ければ徴収されない。

     

    ミタデルムンド9.JPG

    これが本物の赤道。

     

    本物の赤道はラインの色もちゃんと赤い。

     

    水の渦の実験や、卵を立てる実験もここで体験できる。

     

     

    ミタデルムンド12.JPG

    釘の上に立った卵。

     

    僕たちは北半球と南半球の立ち、地球の神秘を感じることができた。

     

    U氏とH氏も日本から来た甲斐があっただろう。

     

     

     

     

    ミタデルムンド10.JPG

     

    あれ?

     

    南緯0.03度。

     

    またしても赤道じゃない。

     

    Iphoneの精度の問題か?

     

    Mapsmeで調べてみる。

     

    南緯0.000868度。

     

    依然として赤道から約96m離れている。

     

    まさか、ここも赤道ではなかったとは。。

     

    水の渦の実験も、ちゃんと観察すると渦が逆になるトリックがあった。

    (トリックについての動画は後日アップします)

     

    ここの博物館の人たち、本当の赤道じゃない事を知っているようだ。。

     

     

    気を取り直して、僕たちは本当の赤道を探すため、博物館を後にしました。

     

    旧本当の赤道からGPSとMapsmeを頼りに歩くこと15分、ついに緯度0度地点を見つけました。

     

    それがここ。

     

    Inkedミタデルムンド14_LI.jpg

     

     

    iPhoneのスクリーンショット。

     

    何もない、ただの道でした。

    いつか、ここが観光地になるのだろうか。

     

    きっと、入場料は3ドル。

     

     

    赤道を見つけて満足したあとは、時間もあったのでキト市内観光。

     

    Telefericoというロープウェイで標高4050mの山に登れる場所に行ってきました。

     

    ロープウェイ.JPG

    カルナバル休暇ということもあって、ロープウェイのチケットを買うのに30分くらい並びました。

     

    ロープウェイ2.JPG

    エクアドルに在住の場合は現地人料金4.9ドルで乗れる。外国人は普通8.5ドル。

     

    ロープウェイ3.JPG

    山の上はこんな感じ。赤道直下だけあって、4000mでも草が生い茂っている。

     

    ロープウェイ4.JPG

    酸素と引き換えにキト市内が一望できる。

     

    ロープウェイ5.JPG

    Telefericoの文字の前で記念撮影

     

    夜は、前回日本から出張者が来た時に行ったのと同じ夜景の見えるお洒落なバーで舌鼓。

     

    モサイコ.JPG

    キトの旧市街の夜景が見える。

     

    モサイコ2.JPG

    他の同期隊員も合流して記念撮影。

     

    モサイコは値段も一流だったため、ちょっと楽しんだらまた例の中華へ。。

     

    再び中華.JPG

    西红柿鸡蛋もありました。個人的には餃子よりシュウマイがオススメ。

     

    日本から地球の裏側に来て、2晩連続で中華を食べるとは。。。

     

    キトのホテルについて

     

    泊まったホテルがなかなか綺麗で親切だったので、紹介しておきます。

    ※詳細情報はブログ最後に記載しています。

     

    キトホテル.JPG

    インスタ映えする階段。

     

    キトホテル2.JPG

    部屋は綺麗。バス・トイレ付。熱いお湯も出る。(これ結構重要)

     

    キトホテル3.JPG

    食堂。向こうには中庭もある。

     

    キトホテル4.JPG

    お洒落な中庭。

     

    キトホテル5.JPG

    中庭の上にはさらにお洒落空間。

     

    キトホテル6.JPG

    大満足のU氏とH氏。

     

    キトホテル7.JPG

    朝食は軽いバイキング形式。パイナップル食べ放題。

     

    キトホテル8.JPG

    卵も出してくれる。

     

    再びキトホテル.JPG

    ホテルのおばちゃんと記念撮影。すごく親切でした。

     

    3日目:グアヤキル市内観光

     

    3日目は午前中に飛行機でエクアドル最大の都市グアヤキルに移動し、午後はグアヤキル市内観光。

     

    高地のイメージが強いエクアドルですが、グアヤキルは海岸沿い(コスタ地区)に位置し、気温も高めです(それでも、フンボルト海流の影響で他の赤道直下地域よりは涼しいです)。

     

    グアヤキル.JPG

    エクアドル名物インスタスポットで記念撮影

     

    この日のお昼は、折角なのでコスタ料理を食べてもらうため、ホテルで聞いたオススメのセビーチェ屋さんに行ってみました。

     

     

    グアヤキル2.JPG

    カルナバル休暇の模様。

     

    この週はカルナバル休暇のため、グアヤキルから人が消えていました。

    そのため、レストランはほとんどが休み。

     

    空いている店といえば。。。

     

     

    グアヤキル3.JPG

     

    やっぱり中華。

     

    グアヤキル4.JPG

    エクアドル名物のTallarinとChaulafanを食べてもらいました。(中国には無い)

     

    気を取り直してグアヤキル観光。

     

    グアヤキル5.JPG

    サンタアナの丘

    グアヤキル6.JPG

    サンタアナの丘からの眺め

     

    グアヤキル7.JPG

    サンタアナの丘からの眺め

     

    グアヤキル8.JPG

    丘から降りたところでセビーチェ屋を見つけたので、セビーチェリベンジ。

     

     

    グアヤキル9.JPG

    その後、定番のイグアナ公園へ。

     

    グアヤキル10.JPG

    人を恐れないイグアナ

     

     

    グアヤキル11.JPG

    ハトみたいに群がるイグアナ

     

    グアヤキル12.JPG

    結構大きいのもいる

     

    グアヤキル13.JPG

    触ってもOK。

     

    噂通り、普通の公園に何故か大量のイグアナがいました。

    一見の価値あり。

     

    夕方くらいに切り上げてホテルへ。

     

    グアヤキル14.JPG

    グアヤキルの夜は治安が悪いので、ホテルのベランダでひたすら飲む。

     

    グアヤキル15.JPG

    地球の裏側でも、お酒を飲んだとしても仕事をするH氏。

     

    後編へ続く。

    いよいよカルナバル本番へ。

     

     

     

    --------------------------------------------------------------

    各種情報

     

    旧市内バスツアー乗り場。

     

    夜景の見えるバーへの行き方。

    カフェモサイコ(Caf�・ Mosaico)

     

    キトのホテル

    Hostel Posada Maple

    住所:Juan Rodriguez E8-49 y 6 de Diciembre

    ※Booking.comで予約可能

     

    グアヤキルのホテル

    Manso Boutique Guest House

    住所:Malecon 1406 y Aguirre

    ※Booking.comで予約可能

     

    キトの餃子が美味しい中華料理屋

    CHIFA FUZHAO

    Ecoviaの「Manuela Ca�・izales」駅を降りたらすぐのところにあります。

    「CHIFA FUZHAO」という店名ですが、何故か漢字では「玉面館」と書いてあります。(玉面館はピンイン表記だとYumianguanです)

    タクシーで行くなら、「La parada “Manuela Canizales”」もしくは「La Avenida 6 de diciembre y la calle de Mariscal Foch」と告げればたどり着くと思います。


    コメント
    コメントする








       

    スポンサードリンク

    記事を投稿日から探す

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    最近更新した記事

    記事をキーワードから探す

    記事をカテゴリから探す

    archives

    recent comment

    • 同僚からのGandhiは何もやってない宣告が辛い
      Gandhi
    • 同僚からのGandhiは何もやってない宣告が辛い
      Show
    • 飛び込み営業が楽しいエクアドル
      Gandhi
    • 飛び込み営業が楽しいエクアドル
      直哉
    • 謎の職業「インヘニエーロ」とは何か
      Gandhi
    • 謎の職業「インヘニエーロ」とは何か
      田上
    • 2017年後半活動まとめ 《エクアドル x 青年海外協力隊 x コーヒー》
      Gandhi
    • 2017年後半活動まとめ 《エクアドル x 青年海外協力隊 x コーヒー》
      さかな
    • 2017年後半活動まとめ 《エクアドル x 青年海外協力隊 x コーヒー》
      Gandhi
    • 2017年後半活動まとめ 《エクアドル x 青年海外協力隊 x コーヒー》
      さかな

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM