2017年後半活動まとめ 《エクアドル x 青年海外協力隊 x コーヒー》

0

    こんにちは。Gandhi(ガンディー)@南米エクアドルのコーヒー農園です。

     

    気が付けば、今年も終わりです。

     

    最近初対面のエクアドル人に、「エクアドルに来てどれくらい?」と聞かれる機会が多いのですが、反射的に「4ヵ月くらいかな」と答えていました。

     

    今日ちゃんと数えてみたら、エクアドルに来てほぼ半年が過ぎようとしています。

    光陰矢の如し。

     

    このタイミングで、今一度活動を振り返ってみることにします。

     

    《大目次》

    1. 活動振り返り

    1-1. やろうと思って始めた事

    1-2. やろうと思っているけど未着手のもの

    1-3. 意図せずに出てきた成果

    1-4. 来年の目標

    2. まとめ

     

     

     

    1. 活動振り返り

    1-1. やろうと思って始めた事

     

    《小目次》

    1-1-0. 人間関係作り

    1-1-1. スペイン語で活動レポートを毎週書いて関係者に提出

    1-1-2. 状況把握

    1-1-3. Facebookファンページのリニューアル

    1-1-4. コーヒー農園ツアー

     

    ボランティアを英語で書くと「volunteer」。

    もともとは「自発的に動く」という意味です。

     

    すなわち、青年海外協力隊がボランティア活動である以上、自発的に何かをやることが求められています。

     

    ボランティア活動の一番核となる部分であり、最も難しいもの。

    2年かけてじっくり進めていくしかないと思っています。

     

    この半年で、できるものから実践してみました。

     

    1-1-0. 人間関係作り

     

    活動を始めるにあたり、最も大切だと思っている事が、関係者との信頼関係づくりでした。

     

    人は、感情を持つ生き物。

    信頼できない人との仕事はクオリティが下がります。

     

    なので、活動の進捗はあまり気にせず人間関係の構築を最優先に行動しました。

     

    特に、「あまり否定はしない」ことと「フリには乗る」ことを徹底しました。

    Gandhiの持ち味、「積極的な受け身」の実践です。

     

    やっぱりうまく行かない相手はできてしまいましたが、大多数からは受け入れられている状態にはなったと思います。

     

    今後は、一人でもいいので欠点を指摘しあえるレベルまで関係性を高めたいです。

     

    来年はアグレッシブさを出していきます。

     

    1-1-1. スペイン語で活動レポートを毎週書いて関係者に提出

     

    会話でうまく自分の想いを伝えられない。

     

    ならば書いてしまおう!という意図で毎週レポートを書いて関係者に提出することにしました。

     

    自分の意見が整理できるし、スペイン語の勉強にもなるし、なにより関係者から活動内容について質問してもらえるようになった。

     

    配属先の県庁と、活動先のコーヒー生産組合が別の場所にあるため、県庁が遠い存在となっていたのですが、レポートによって県庁の関係者との密なコミュニケーションにも役立っています。

     

    これは、2年間の活動を通して続けていこうと思います。

     

    ちなみに、配信先はJICA調整員、JICAローカルスタッフ、県庁担当者、配属先(セプロカフェ、アスプロインカム)、サンプラシド役場です。

     

    希望があればBCCするので、メールアドレス教えてください。

     

    1-1-2. 状況把握

     

    人間関係構築の次に大切だと思うのが、彼らの置かれている環境や、直面しているまたは潜在的な問題の把握。それに、コーヒーについての知識も。

     

    このあたりについては、初めの3ヵ月でだいぶ調査できました。

     

    詳しくは、過去ブログ参照

     

    《問題点整理について》

    活動第一周、ようやく要請内容を理解する

     

    《コーヒーの加工について》

    活動第二週目 エクアドルのコーヒー豆の加工についてまとめてみる

     

    しかし、次から次へと新しい問題が出てくるので、今後も観察が必要です。

     

    1-1-3. Facebookファンページのリニューアル

     

    過去ブログ活動第七週目 やることが無いエクアドルのコーヒー農園で始めた3つの活動で公約に掲げた通り、セプロカフェのFacebookファンページをリニューアルしました。

     

    Facebook経由で引き合いを受けたり、問い合わせのメッセージを貰ったりと、効果は出始めています。

     

    これも「毎週更新する」という習慣をつけないといけません。

    ちょっと最近さぼり気味なので、いけませんね。。

     

    年明けにはもう一つの職場、アスプロインカムでも始めたいと思います。

     

    1-1-4. コーヒー農園ツアー

     

    ボランティア仲間が遊びに来たのをきっかけに、コーヒー農園ツアーの企画を始めました。

     

    その時の経緯は、過去ブログ協力隊仲間が任地見学に来ましたを参照

     

    まだ、セプロカフェの同僚と話しを進めている段階ですが、任期中にはそれなりのパッケージツアーができる状態にしておきたい。

     

    まずは、ガタガタでもいいからやってみることだと思っています。

     

    なので、模擬ツアーの実験台になってくれる人募集中です。

    連絡いただけましたら、コーヒー農園ツアーにご招待します(有料)

     

    1-2. やろうと思っているけど未着手のもの

     

    《小目次》

    1-2-1. 地元カフェの設立

    1-2-2. 最適なコーヒーの生産

    1-2-3. セールストーク作り

    1-2-4. 仲介業者との関係づくり

    1-2-5. Eコマース

     

    活動を進めるうえで最も難しいと思うのが、人を巻き込んで何かをやること。

    日本と異なり、同僚の仕事のスピード、質が落ちる。

     

    会社と異なり、指示系統がはっきりしていない。

     

    田舎過ぎて、道具がそろいにくい。

     

    スペイン語が不自由で、想いが伝わらない。

     

    生活が過酷で、仕事に体力を割けない。

     

    などなど、青年海外協力隊は思い通りにならない要素だらけです。

     

    1-2-1. 地元カフェの設立

     

    過去ブログ(活動第七週目 やることが無いエクアドルのコーヒー農園で始めた3つの活動)で格好つけて書いたものの、「商店の店主に話をしただけ」で何も進んでいません。

     

    言い訳をすると、土日にイベントが多くなってきて、自分がカフェを運営するということが現実的ではなくなってきたのです。

     

    今後は「村の誰か」がやることを想定して進めないといけません。

     

    まずは、近所の人たちに淹れたてコーヒーを配るところから始めるかなぁ。

     

    1-2-2. 最適なコーヒーの生産

     

    商品を売るうえで一番大事なこと。

     

    それは、買ってもらえる商品を作る事。

     

    そのためには、商品自体の質を高めることが必須です。質を高めるだけでなく、ニーズに合わせて改良することもしなければいけません。

     

    前職・前々職では、販売テクニックよりも、この点に重点を置いていました。

     

    自分たちで商品を持っているのだから、流通商社にはできない事をすべきだと思っています。

     

    ただ、僕はコーヒー生産のプロでないため、同僚からはこの点について期待されていません。

     

    同僚たちに理解してもらい、いかに動いてもらうか。

    今後の工夫とコミュニケーションが必要です。

     

    1-2-3. セールストーク作り

     

    職場の人たちは自分たちのコーヒーが大好きで、味に自信をもっています。

    盲目的に自分たちのコーヒーが「良い」と信じています。

     

    他のコーヒーを飲むときいつも言われるのが、「どっちが良いコーヒーだ?」という質問。

     

    その度に、「飲む人の好みによる」と言ってもピンと来てもらえない。

     

    この国でいう「品質」とは、「良い」か「悪い」しかなく、細かい特徴の分析をする人は雀の涙ほどしかいません。

     

    それでいて、海外販売できるレベルの品質があるから輸出したい、と言うのです。

     

    「良い」と主張するだけでは舌の肥えた先進国の人間は見向きもしません。

     

    エクアドルはどんな気候で、そこで育ったコーヒーはどんな特徴を持っていて、その中でもマナビのコーヒーはどうで、さらに自分たちの農園で採れたコーヒーにはこういう特徴がある。

     

    という事を他のコーヒーとも比較しつつ言えないといけません。

     

    セプロカフェでは、徐々に自分たちの特徴を把握しつつありますが、そのセールストークを販売資料に落とし込んだり、同僚全員で共有したりする必要があります。

     

    アスプロインカムでは、まだまだこれからです。

     

    最終的には、他のマナビ県の他の農家も巻き込んで「マナビ県産コーヒーリスト」みたいな冊子が作れたらいいな、と思っています。

     

    1-2-4. 仲介業者との関係づくり

     

    日本人が「食品メーカーの販売業」と聞くと、小売りへの営業を思い浮かべると思います。

     

    コーヒーについてはエクアドルでもスーパーマーケットや商店経由で消費者に販売しています。

     

    しかし、誰も小売り業者へ営業に行かない。向こうからのコンタクトをただ待っているだけ。

     

    スーパーに卸したあとは、成り行き任せ。商品配列の提案もリクエストもしない。

     

    エクアドル国内で売るためには、小売り業者へのアプローチって絶対必要だと思うのです。

     

    一度、同僚に小売りを訪問したい、と話しましたがお茶を濁されました。

    自分とは別の階層との接触を極端に嫌うエクアドル人のシャイな一面が垣間見えました。

     

    どうしようかな。。

     

    1-2-5. Eコマース

     

    エクアドル人も興味を持っているEコマース(アマゾンや楽天市場みたいなネット販売のことです)。

     

    やる、となると賛同してくれる人は多いと思います。

     

    とはいえ、越境ECはちょっと面倒くさそう。

    自分に知識も無いし。

     

    アリババとかで中国に販売できたらアツいな、とは思うものの何も進められていません。

     

    詳しい人、教えてください。

     

    1-3. 意図せずに出てきた成果

     

    《小目次》

    1-3-1. パッケージの改良

    1-3-2. ケーナ演奏

    1-3-3. 起業

    1-3-4. 人脈

     

    みなさん、「ブラウン運動」ってご存知ですか?

    水の中にある粒子を観察すると、ランダムに動いているのが分かるアレです。

     

    あれって、どこに向かうか誰も決めてない状況でひたすらランダムに動いているのですが、実は、時間tに対して√tで元の位置から離れていくんです。

     

    何が言いたいかというと、何も考えずにフラフラしているだけでも、どこかへ到達する、何かが変わるってことなんです。

     

    しかもここは地球の裏側。赤道直下の田舎地帯。

     

    住んでいるだけで何かが起こります。

     

    この章では、特に意図していなかったけども結果的に起きた変化や得られたものを紹介します。

     

    1-3-1. パッケージの改良

     

    セプロカフェのコーヒーのパッケージ案を改善しました。

     

    これは、現地で元々要望があったもので、自発的にやったわけではありません。

    言われるがまま、手を動かしただけという印象です。

     

    元会社員だけあって、こういう仕事の振られ方が一番良いパフォーマンスを出せます。

     

    下写真の元々のパッケージ案を、文章を削って、ポイントだけが目に入るように変えました。

    完成後のパッケージはギリギリデザインが終わっていないので、完成したらまたお見せしますね。

     

    パッケージバナー.JPG

     

     

    1-3-2. ケーナ演奏

     

    もはや、音楽隊員となりかけています。

    最初の3ヵ月は暇な時間が多かったので、ほぼ毎日1時間くらいは練習していました。

     

    そしたら、人前で吹けるくらいには上達しました。

     

    その結果、「ケーナを吹くチノ(中国人)がいる」と巷で話題になり、サンプラシドの設立記念日にマナビ県の副知事やポルトビエホ市長のいる前でケーナを演奏することになったり、フェリアの旅に客引き要員としてケーナを吹いていたりしています。ケーナ吹くと割と人が集まります。

     

    ケーナは活動を進めるうえで大切な道具になりました。

     

    参考)ケーナ動画リスト

     

    Moliendo Cafe (コーヒールンバ)

     

    Despacito (デスパシート 合奏)

     

    El Condor Pasa (コンドルは飛んでいく)

     

     

    1-3-3. 起業

     

    謎の講習会(Startup Weekend)に参加したら、起業することになりました。

    詳しくは過去ブログを見てください。

     

    エクアドルでStartupweekendに参加したら何故か優勝していました。

     

     

    1-3-4. 人脈

     

    これまで色々成果をまとめてきましたが、個人的に一番大きな収穫は活動先以外での人脈だと思っています。

     

    フェリアに参加したり、講習会に参加したり、誘われたらホイホイついていくようにしていたら、マナビ県の特産物ならほぼ何でも生産者・加工者に連絡が取れるようになりました。

     

    帰国したら、ガチで輸入商社作れるかもしれません。

     

    1-4. 来年の目標

     

    長くなりそうなので、新年のブログに書きます。

     

    2. まとめ

     

    エクアドルに来てから、5カ月があっという間に過ぎました。

    仕事の密度が低く、何もしていない事に対する自己嫌悪感に悩む日々でした。

     

    しかし、こうやって振り返ってみると、確実にできている事がある。

     

    環境も細かく見られるようになってきましたし、来年はもう少し深い活動ができそうです。

     

    あとはスペイン語をどれだけ上達させられるか。

     

    Gandhiの海外協力活動は続きます。

     

     

     


    コメント
    実は見てました。
    いろいろすごいことやってるね。
    ガンジーがんば。
    いつか生徒たちに講演会してもらいたいな!
    • さかな
    • 2017/12/26 3:19 PM
    さかなさん

    見てくれていたのですね!ありがとう!

    そして、ほぼ誰もコメントしてくれないからコメントめっちゃ嬉しい。
    講演でちゃんと話せるように、しっかり活動しなくては。。
    見てたのだよ!
    個人的には何故か優勝してるやつが一番面白かった!
    そして、この記事のタイトル、ハンターハンター風だね!
    • さかな
    • 2017/12/31 9:28 AM
    返信が遅れてすまん。
    何故か優勝している奴は、ネタ自体がぶっ飛んでたからね。。今年もそんな出来事が起きないかワクワクしてるよ。
    ハンターハンター風のタイトル、結構便利!
    コメントする








       

    スポンサードリンク

    記事を投稿日から探す

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    最近更新した記事

    記事をキーワードから探す

    記事をカテゴリから探す

    archives

    recent comment

    • 同僚からのGandhiは何もやってない宣告が辛い
      Gandhi
    • 同僚からのGandhiは何もやってない宣告が辛い
      Show
    • 飛び込み営業が楽しいエクアドル
      Gandhi
    • 飛び込み営業が楽しいエクアドル
      直哉
    • 謎の職業「インヘニエーロ」とは何か
      Gandhi
    • 謎の職業「インヘニエーロ」とは何か
      田上
    • 2017年後半活動まとめ 《エクアドル x 青年海外協力隊 x コーヒー》
      Gandhi
    • 2017年後半活動まとめ 《エクアドル x 青年海外協力隊 x コーヒー》
      さかな
    • 2017年後半活動まとめ 《エクアドル x 青年海外協力隊 x コーヒー》
      Gandhi
    • 2017年後半活動まとめ 《エクアドル x 青年海外協力隊 x コーヒー》
      さかな

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM